So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

満天横丁 [普遍的生活]

ネタが無くて、先週の更新をお休みしたMittyです。
世間様は相変わらず、ツマラナイ事になってます。


こー・・・なんつーんですかね、
陰鬱なカンジになっちゃってるぢゃないですか、世間の風潮的に。
世には明るくて楽しい事も沢山溢れているはずなのに。


しゃーない。
ココはMittyが率先して一肌脱ぎますよ。


そーれ、飲み仲間と飲みに行くぞぉぉww
気を付けるべきトコは気を付けつつ、しっかりと経済を回しますよぉww
訪れたのは春日部駅近傍にある「満天横丁」です。
満天横丁_01.JPG


ここはビルのフロア内にある、いわゆる屋台村ってヤツ。
小規模な飲み屋さんが10軒ほど軒を連ねています。
各店舗さんの横の繋がりも強く、店舗間でお酒や料理の遣り取りもあったりするほど。
まさに横丁。
満天横丁_02.JPG


実は「満天横丁」を訪れるのは初めてではなく、今回で片手程度になる位だったりします。
初回に訪れた際にエラくMittyに刺さりましてね、この横丁が。
最早、春日部で一杯飲むなら、確実にココですね。
横丁という事でハシゴがし易いのもあるんですが、
とある店舗がクソ面白くて、時折行きたくなるんすよねww


それがコチラ「まみぃ~ず台所」。
満天横丁_03.JPG


5~6人も入ったら満杯のお店を仕切るのは、店主であるまみぃさん。
文面では絶対に伝わらないんでしょーが、このまみぃさんがクッソおもろいww
満天横丁は飲み仲間たるN氏と訪れる事が殆どなのですが、MittyもN氏もこのお店が大好きですww
つーか、まみぃさんに会いたくて満天横丁に行ってる感もありますww
満天横丁_04.JPG


この写真を撮った時もクッソ面白かったのですが、絶対に文面では伝わらないww
まー、まみぃさんキップの良さが少しでも伝われば・・・ムリかww
ちなみに、まみぃさんはサンバル連合の仲間ですww
(まみぃさんが辛い物好きなので、本場インドネシアのサンバルをお土産で渡してます)
満天横丁_05.JPG


閑話休題


さて、満天横丁の真骨頂はハシゴにありww
既に何度も満天横丁を訪れているMitty達にとって、2軒目のお店も既に決まっています。
※1軒目は間違いなく「まみぃ~ず台所」ですww


定番の2軒目はコチラ「花こまち」。
初めて満天横丁を訪れた際に、まみぃさんに口利きしてもらった縁です。
こーゆーのが屋台村っちゅーか、横丁の良いトコですよね。
満天横丁_06.JPG


こちらは女将さんが秋田出身という事で、秋田郷土料理のお店。
そして秋田といえば、やはりこーゆー系でしょうww
満天横丁_07.JPG


閑話休題


3軒目に突入だぁぁww
さぁさぁ、後に続けぇぇいww
イイカンジに酔っぱらってきてるので、写真もブレブレだぁww
満天横丁_08.JPG


コチラの「ようすけ」は初めて訪れましたが、店主さんが釣りにかなり造詣があるとの事。
釣った事のない魚を釣りたいからアマゾンに行ってきた、というエピソードもお持ちですww
N氏もガチのアングラ-なので、エラく話が盛り上がってましたね。


ま、Mitty的には、このストーブがストライクでしたけどねww
やはり業務用ヒータはトヨトミですよねww
これが刺さる人には刺さるww
ちなみに、MittyもN氏もトヨトミは刺さる系ですww
満天横丁_09.JPG


この日は3軒目で打ち止め。
つーか、これくらいで止めておかないと、色々と響くww
ハシゴ前提なので、1軒にそんなに長居しないのも良いですね。


ちなみにこの日は、飲み仲間のN氏とR女史と3人での飲み。
R女史と満天横丁で飲むのは初めてだったんですが、
やはりこの3人での飲みは最ッ高に楽しいや。
世間の陰鬱な雰囲気なんか吹き飛びますww


あれ?
でもよくよく考えると、いつものよーに飲んだくれてるダケですなぁ。
なーんだ、Mittyの日常と大差ないぢゃんww
Mittyの日常はブレないよーです、フゥゥゥゥーww


タグ:満天横丁
あしあと(9)  コメント(0) 

更新お休み [普遍的生活]

今回の更新はお休みします。


まー・・・要はネタが無いんすわww
ネタ切れになると大体ドコかにお出かけして、写真を撮りつつネタを集める事が多いんです。
見聞も広がりますし、色んな刺激も受けますからね。


ただねぇ、今時分はドコも閉鎖・延期で目ぼしいイベントがあまり無いんすわww
間に合わせでネタをアップするのもアレですし、
捻り出すように記事を書くのもチト違う気もしますし。


ま、次回の更新までには、
何かしら面白いイベントが発生する・・・といいなぁww


Remake [ゲーム]

Mitty、自分で言うのもアレですが、そこそこのゲーマーだと思ってます。
無垢な少年だった頃から、今の小汚いオッサンになるまで、
何だかんだとコンシューマゲームをやってきてますし、
そしてそれは、これからもあまり変わらないと思います。


現在はPS4ユーザーのMittyですが、
それこそ初代PS1の時代から歴代のハード機は所有してきましたし、
PSユーザーになる前は、マニア好みなPCエンジンユーザーでもありました。
まぁー、Mittyのゲーム遍歴はblogカテゴリの「ゲーム」でも参照して頂ければ。


んで。
今まで色んなゲームに触れてくれば、
やはり名作・傑作と呼ばれるゲームに出会う機会もある訳です。


普及の名作の数々。
今プレイしても面白いと呼ばれる所以。
やはり、シナリオや音楽・演出といった面が優れているからなんでしょーね。
ハード機の性能に頼り切った作品でないからこそ、時代を超えても名作と呼ばれる。
この辺は映画なんかにも通じるものがあると思います。


とはいえ、現役世代のハード機の性能は中々ですからね。
美麗なグラフィックやサラウンドで、あの名作をもう一度プレイしたい!なんてゲームも多いです。
映画なんかの場合だと、過去作のリメイクも少なからずあったりしますが、
何故かゲームの場合だとあまり聞いた事はないですね。


そんな中。
とある作品のリメイクが業界を、というか全世界のユーザーを騒がしたのをご存じでしょうか。


無論、オリジナル版は完クリ済のMitty。
何なら、発売日当日にゲットして、スゲーやり込んだ記憶がしっかりと残ってる位です。
スピンオフ作品も多く、後日談的な純粋な映像作品(フルCG)もあったりするくらい、
ファンの人気が高い作品です。


そんなファン待望の作品のリメイク。
初報からそこそこの時間が経過し、遂に来月に満を持しての発売になりますが、
実はそれに先駆けてつい先日、先行体験版が配布されました。


FF7リメイクです。
コチラはPS4ユーザーならPS-Storeで無料DLが出来ます。
体験版は最初の魔晄炉破壊作戦までです。
FF7.jpg


Mittyのプレイ動画を貼っても良かったのですが、
公式PVに冒頭のオープニングと似たようなPVがあったので、ソッチを貼っておきます。



いやね、正直期待してなかったのよ。
確かに名作だけど、Mitty的には若干の今更感もあったし。
でもね、体験版ってズルいよね。
こりゃ買うわ、製品版ww


オリジナル版をプレイしていた時は、Mittyが学生時代の頃。
当時の映像や音楽・演出にエラく感動したモンですが、
その感動がまんま帰ってきたのよ、これがww
特にFF7のタイトルがバァーンって表示されるトコ。
一言でいうと、エモいww


実際にプレイした所感としては、戦闘シーンが随分と様変わりしましたね。
アクション性が高くなったので、気が抜けないですし、
ボタンポチポチーって感じで戦闘が進められない。
なので、従来のエンカウント率だと結構ウザいかもですね。
ま、戦闘シーンのUIは設定である程度変えられるらしいし、
スクエニのバランス調整に期待ですね。
体験版はフツーにプレイしても30分位なんですが、
ぶっちゃけ「はよ、続きをプレイさせんかい」と思いますww


ただねぇ・・・今作のリメイクは分割作品なんですよねー。
来月発売の作品はミッドガル脱出までとなっていて、続編の発売は未定。
FF7全体のボリュームから察するに3部作位になりそーですし、
それに3作目ともなるとハード機がPS5に移行しててもおかしくないww
この見通しの悪さが、正直Mittyの食指を鈍くしてる感は否めないです。


それに1作目はミッドガル脱出までなので、ユフィやヴィンセントも出てこねぇしww
ま、Mitty的にはユフィ推しではないので、1作目自体を買う可能性は高いですがww


ちなみに公式チャンネルには幾つかのPVがありますが、Mitty的にはこのPVが一番好きです。
何故か?Mitty推しのキャラがPVに初登場したからですww



FF7における永遠のテーマ。
ある意味、DQ5の嫁選びと同じテーマなんですが、
FF7においてはMittyは断然ティファ派ですww
理由はお察しくださいww


タグ:FF7
あしあと(13)  コメント(4) 

雛段飾りと獲れ高の確保 [旅行記]

前回の記事で梅見をしたMitty。
世間が花粉やコロナで溢れているとはいえ、
久々に外でガッツリと写真を撮ったのが、存外に楽しかったんですよねー。


そんなワケで梅に続いて、季節的なモノを撮りに再度お出かけしました。
時期的に梅の次に訪れるモノといえば・・・ひな祭りww
まーMittyは妖精の皮を被ったオッサンなので、ひな祭り自体に縁は全くありませんww
ただ、ひな祭り的なイベントを訪れてみるのも一興かと思い足を運んでみました。


さいたま市岩槻区にある愛宕神社です。
雛段飾りと獲れ高の確保_01.JPG


愛宕神社といえば総本社は京都で、都内港区の愛宕神社も有名ですね。
港区の愛宕神社には何度が参拝した事があるのですが、コチラの愛宕神社は初めて。
何ゆえにコチラの愛宕神社を訪れたかというと、目的はコレ。


ひな段飾りを見に来たのです。
雛段飾りと獲れ高の確保_02.JPG


実は岩槻区は古くから人形の町として有名。
この時期は、そのテのイベントが多く開催されているらしく、
足を運んでみたというワケです。


決して広くない境内にひっそりとあるお社。
こーゆー雰囲気、キライぢゃないです。
雛段飾りと獲れ高の確保_03.JPG


でも、肝心のひな人形が居ねぇww
雛段飾りと獲れ高の確保_04.JPG


裏手の階段にも居ねぇww
雛段飾りと獲れ高の確保_05.JPG


どーやら、昨今のコロナ騒動で一部のイベントが中止になっているらしい。
実際、ひな段飾りを目当てに少なくない方々が境内を訪れていましたが、
皆一様にガッカリ顔ww


いやね、確かにblogのネタの為にわざわざ訪れましたよ?
それにぶっちゃけ、ひな段飾り程度ぢゃぁ撮れ高としては弱いだろうなぁ、とも思ってました。
でも、流石に何も無ぇってのは、ヒドくねww
撮れ高どころの話ぢゃねーしww


何かシャレオツな社務所みたいのを撮ってみたり・・・。
雛段飾りと獲れ高の確保_06.JPG


梅だか桃だかの花も撮りましたよ?
雛段飾りと獲れ高の確保_07.JPG


自分で言うのもなんですが、画が弱いですww
blogネタとしてもカッスカスですww
このままぢゃ埒が明かないので・・・。


場所移動ww
Mitty的花見の定番スポット、城址公園にやってきました。
城址公園にくれば、何かしら撮れ高は確保できるだろうと期待ですww
雛段飾りと獲れ高の確保_08.JPG


とりあえずパンジーを撮影。
そーいや暫くこのテの花を撮ってないですねぇ。
折を見て、植物園辺りにも足を運んでみたいですね。
雛段飾りと獲れ高の確保_09.JPG

雛段飾りと獲れ高の確保_10.JPG


こちらはカンヒザクラ。
まだまだ蕾も多いです。
雛段飾りと獲れ高の確保_11.JPG

雛段飾りと獲れ高の確保_12.JPG


とりあえず、花見スポットでもある八つ橋辺りを散策。
本来なら、この辺で流し雛のイベントもあるらしいのですが、
やはり昨今の騒動で中止になっているらしいです。
雛段飾りと獲れ高の確保_13.JPG


サギでしょーか。
この辺ってサギを見かける事が少ないないんですよね。
雛段飾りと獲れ高の確保_14.JPG


そして安定の鴨さんww
最早、鴨さんで撮れ高を稼ぐしか・・・ww
雛段飾りと獲れ高の確保_15.JPG

雛段飾りと獲れ高の確保_16.JPG


ふぁっ!?鴨さんのプリケツ!?
恐らく湖底の餌でも漁っているのでしょーけど、
プリケツ具合も相まって、面白い絵面になってますww
雛段飾りと獲れ高の確保_17.JPG


これだ・・・!
今回のネタはコレでいく!!
雛段飾りと獲れ高の確保_18.JPG

雛段飾りと獲れ高の確保_19.JPG


最早、犬神家にしか見えねぇww
雛段飾りと獲れ高の確保_20.JPG


撮れ高不足をどーしたもんかと思っていましたが、
鴨さんのプリケツで何とか帳尻を合わせる事が出来ました。
とはいえ、消化不良感は否めないッスww


ホントはね、色々とお出かけしたいんですけど、
騒動の影響で色んな意味でつまらない事になってますからねぇ。
むしろ、人が少なくて今が狙い目!とも思ったんですが、
そもそもイベントや施設そのものが縮小傾向だしww


実は何気に4月にライブ観戦が控えているんですけど、
無事に開催されるかマヂでドキドキですww


あしあと(14)  コメント(2) 

2020年大宮梅まつり [旅行記]

先日、春麗らかなお天気の日、久々に大宮公園に行ってきました。
大宮公園自体がかなりデカいのですが、
目指したのは氷川神社のある第一公園ではなく、第二公園と呼ばれる方。
何気にコッチの方に行った事は殆ど無いンですよねー。
目的ですか?


コレ?
いやいや、違うww
たまたま開催してたけど違うww
01.JPG


コレ?
いや、開催は知っていたけど、
別に陶器にテンションが上がるタイプでは無いww
02.JPG


目的はコレ。
花見?
暖冬だったとはいえ、幾ら何でも桜は早すぎですww
03.JPG


梅です。
04.JPG


大宮第二公園って梅林があるンんですよね。
今回は梅の見頃に開催される、大宮第二公園梅まつりに行ってみた、というワケ。
ちなみに先ほどの大陶器市は、梅まつりと同時開催だそうな。
桜の花見をした事は数あれど、何気に梅の花見をちゃんとするのは初めて。
桜と違って、花見時期が長いのも良いですね。
05.JPG

06.JPG

07.JPG

08.JPG

09.JPG


Mittyの貧弱で勝手なイメージだと、梅=薄い赤色といったイメージなんですが、
実際に梅の花を見ると基本的に白色なんですよね。
でも種類によっては桜のような薄桃色だったり、それこそザ梅!って感じの赤色だったり、
この辺も桜と違って面白いですね。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG


彩りが違うからこそ、こんなコントラストの画も撮れる。
桜とはまた違った楽しみ方が出来るモンですね。
14.JPG

15.JPG

16.JPG


これまたMittyの貧弱なイメージだと、梅=ウグイス≒メジロなんですが、
こんなん一幕もあったりしました。
鳥に造詣が無いMittyでもコレは流石に分かる。
これはウグイス≒メジロではないww
一羽だけでなく複数羽いましたが、皆一様に花の蜜?を吸っていたような気がします。
17.JPG

18.JPG


やはり赤色の花の方が映えますなぁ。
軽く調べてみましたがヒヨドリという種類、ですかねー?
ま、写真自体は自分で言うのもなんですが、良く撮れてると思います、ムフーww
19.JPG

20.JPG


閑話休題


花より団子(お酒)なMittyですが、今回は酒盛りをしたワケでも無い。
なので滞在時間はそんなに長くなかったのですが、
そのまま帰るものアレなんで、ついでに大陶器市にも足を運んでみる事にしました。


天幕が連なった中に出店しているよーですが、中々の規模です。
テニスコート2面分以上はあるんぢゃないですかね。
陶器市と銘打ってますが、陶器以外にも木製やガラス製の食器類など、
結構多岐に渡っているイメージですね。
21.JPG

22.JPG


そりゃーコイツだって陶器だしww
23.JPG


別に陶器自体に造詣があるワケでも無いのですが、
こーゆーのは見てるだけでも存外に面白いモンです。
フリマ的に掘り出しもんを見つけるよーな感覚ですかね。
実際、訳アリ品として廉価で販売してるモノも多かったですしね。


だって、買っちゃったモンなーww
24.JPG


前から欲しかった、直火が出来る土瓶。
前から欲しいとは思っていても、
わざわざ探したり買いに行ったりするほどでもない。
でも、こーやってブラついてる時に、たまたま見つけて買ってしまう。
こーゆーの好きww


ちなみに、なにもサレオツな土瓶蒸しをしようと思って買ったワケではないのですヨ。
むしろ、これからの花見シーズンで活躍する予定なのです。


そう、お外で熱燗を飲む為になww


自宅で燗を付ける時もそーだったんですが、
今までは湯煎してたンですけど結構メンドーなんですよね、湯煎って。
今年からは、この土瓶でガシガシと燗を付けてやろうと思いますww
ふぅぅ~♪捗るぅぅ~♪


結局、最後は花より団子(酒)になりましたねww


あしあと(11)  コメント(2) 
前の5件 | -