So-net無料ブログ作成

ガンヲタパワー そのイチィ~! [ホビー]

今回のシリーズ、その名の如くガンダムネタです。
ご興味の無い方は華麗なスルースキル発動を推奨です。
ほとばしる熱いパトスに突き動かされて記事を書いているので、ある意味要注意ですww


さて、自称ガンダムヲタクのMitty。
まぁ~あんなトコこんなトコに行って、異常にテンションが上がるMittyですので、
どー控え目に言っても、一般的な方に比べれば造詣が深いとは思います。
が、豪語する自信も無いので、あくまで“自称”ガンダムヲタクですww
そんな自称ガンヲタのMittyですが、やはりガンダムを語る上で避けて通れないのがガンプラ。
今回はMittyが作製したガンプラを、ほとばしる熱いパトス(←しつこいww)と共にお送りします。


実はガンプラ作製をまともに始めたのは社会人になってから。
幼少時はガンプラを買うお金も無かったし、
それ以降も世代的に家庭用ゲーム全盛期だったりもしたので、
今ほどガンヲタってワケでも無かったンです。


ところが、社会人になり兵庫に転勤になった頃から、Mittyのガンヲタが花開きますww
まぁ社会人ですのでそれなりにお金もある。
住み慣れた東京を離れた兵庫で一人暮らし。無論友達もいないww
となれば時間も有り余ってるわけで、暇潰しでガンプラを買ったのが、全ての始まり。
それから幾つかの季節が過ぎ、気がつけば自称ガンヲタと語れるくらいに成長しましたww


Mittyは基本的に1/100スケールのMG(マスターグレード)を作製しているのだけど、
記念すべきMG作製第一号がコチラ。
MS-18E ケンプファー。
「さぁ来い!戦い方を教えてやる!」
ガンプラ_01.JPG

ガンプラ_02.JPG


第一号にケンプファーをチョイスする辺り、既にガンヲタ開花の香りがしますww
強襲用というコンセプト、ハリネズミの如くの武装を次々に使い捨てていく様。
Mittyのハートを鷲掴みにするには十分過ぎます。ミーシャもカッコエエしね。
装甲の薄さを気にしちゃイカン、だって強襲用なんだからww
ケンプファーといえばチェーンマインですが、何度かポージングをさせる内に、
チェーンを再現してる針金がポッキリと折れましたww
いかんせん初めてまともに作製したガンプラですので、ガンプラ作製の知識も無く、基本的にパチ組みです。
今、改めて見ると出来栄えがヒドいww


第二号がコチラ。
MS-07B3 グフ・カスタム。
「怯えろ!竦め!モビルスーツの性能を活かせぬまま死んでゆけ!」
ガンプラ_03.JPG

ガンプラ_04.JPG


この辺りから作製するガンプラにMittyなりの拘りが出てきますww
白兵戦仕様というコンセプト、ヒートワイヤーで敵を屠る様。
Mittyのハートを・・・(ry
特に「ヤッてやる感」が溢れるガトリングシールドに男のロマンを感じます。
が、このガトリングシールドが存外重く、腕の付け根部分だけではポーズをホールド出来ません。
だもんで、見えないように膝にシールドを乗っけてますww
この辺りから作製時に「墨入れ」をする事を覚えました。


お次は年代がグッと進んで逆シャアより。
RX-93 ニューガンダム(右)「ニューガンダムは伊達じゃない!」
MSN-04 サザビー(左)「私、シャア・アズナブルが粛正しようと言うのだ、アムロ!」
ガンプラ_05.JPG


アムロとシャアが登場した最後の作品『逆襲のシャア』
共に最後の乗機となったニューガンダムとササビーは、デザイン的にも洗練されてますナ。
ジオン系MSが好きなMittyですが、連邦系で好きな数少ないMSの一つがニューガンダムです。
やはりフィン・ファンネルがカッコ良すぎです。Iフィールド展開のシーンは鳥肌立ちました。
サザビーはMittyが買ったガンプラの中では一番高額。それだけに非常に精巧に出来てます。
腰部のメガ粒子砲辺りのデザインが特に好きです。
が、足元のスカートが大きすぎて大胆なポーズがとれないのがチョット残念。
ちなみに、この辺りからゲート処理に気を使うようになり、作製時間もドンドン長くなってきますww


最後はコチラ。
小説版『逆襲のシャア』に登場するニューガンダムの完成形とも言える機体。
RX-93-ν2 ハイ・ニューガンダム
「・・・・・」←決め台詞知らんww
ガンプラ_06.JPG

ガンプラ_07.JPG


映像化されてないし、小説も読んだ事ないww
でもとあるゲームに登場しましてね、この機体。
パイロットのスペックもあってか、無類の強さを誇ったワケですヨ。
んで数年前に待望のMG化となり、発売日当日に買いに行ったww
ニューガンダムに比べて更に洗練されたデザインで、非常にスマートな印象すら受けます。
最近のMGはアクションベース(台座)に取り付ける事が出来て、
以前よりグッとカッチョエエポーズをとらせる事が出来るようになりました。
しかしその分、スペースをとるようになり、ショーケースの中に収めるのが難しくなりましたorz
(↑他のガンプラはショーケースの中に入れてある)


他にも作製したものは数点あるのですが、とりあえずこんなカンジです。
最初に比べると作製時間が非常に長くなりましたが、基本的にパチ組みなのは変わりませんネ。
墨入れや筋彫り、ゲート処理、最近は多少ウェザリングなどもしてますが、
あまり手間をかけない様に意識して作ってます。
凝り性のMittyではありますが、手間をかけ過ぎて途中でメンドくさくなるのを避けたいンですww
でもそろそろパーツ合わせ目消しをしたいと思う今日この頃ww


にしても、幼少時に見たガンプラとMGとではクオリティが雲泥の差です。
初めてMGを作った時は軽くカルチャーショックを受けたのを覚えてます。
まぁーーーよく出来てるし、正直子供が買うもんじゃないと思ったネ。
よくよく考えれば、世代的にクリエイターがMittyと同世代なワケで、
色んな意味で同世代ユーザーのツボを突いてくるのが小憎らしいww
良くも悪くも踊らされていますが、別にイヤじゃないのでこれからも踊らされますww


さぁMittyのほとばしるパトスは如何だったでしょうか。
残念ながら次回にまだ続きますww
次回はつい最近完成したばかりの新作ガンプラをチョイと紹介します。


タグ:ガンプラ
あしあと(6)  コメント(4) 

あしあと 6

コメント 4

ふるひ〜JMW

Mittyさん、こんちわっ!

ふむ。
さっぱり分からんw
ワタシも少年時代にテレビで最初のやつを観た覚えはあります。
無論周囲でもガンプラをせっせこ作成していた友人も多々いました。
まぁ~この歳になっても友人にガンダム好きは多いかとも思います。
なので、全然OKなのですが・・・全く付いていけない。

この辺はあまりコメントしても逆に失礼。
やはり、作ってる人からのコメントの方がきっと細かいところも気が付くところでしょうからね。
by ふるひ〜JMW (2010-08-02 12:49) 

Mitty

●ふるひ~JMWさん
いやはや・・・スルースキル発動でよかったのに^^;
造詣の深くない方からすれば、
「イイ歳こいてガンダム・ガンダムってどーなのサ?」
と言われても仕方のないの事なのですが、
Mitty自身の仕様は変わりようが無いので、
このままマイロードを進んでいきますww

次回も含めてこのblogからは、
Mittyの熱きパトスがほとばしる事が多々あるので、
ついて行けなくなった時は、
存分にスルースキルを発動してやってくださいww

ちなみに・・・ガンプラをガチで作っていらっしゃる方からのコメントは、
ある意味で戦々恐々デスww
どー考えても稚拙な出来栄えですのでorz
by Mitty (2010-08-02 20:54) 

タケタケ

私が知ってるガンダムは 「ZZ」 までなので、全然ワカンナイです、、。
イマドキはガンプラってゆーのね、、、。
幼少期は私も作ってたけど、、MGって そんなに違う代物になってるの?
by タケタケ (2010-08-12 17:39) 

Mitty

●タケタケさん
今回アップしてるガンプラは、劇場版やらOVAとかだったりするので、
あまり馴染みはないかもしれませんネ^^;
MGはよく出来てますよー。
サイズが大きい分、作り込み自体が細かいですし。

というか、タケタケさんが幼少時に作っていた、
という事自体が結構オドロキだったりします^^;
by Mitty (2010-08-13 14:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。